Jailbreakers.Info

iPhoneのJailbreakに関する情報をお届けします。

2016年内にリリースされるApple製品を一気にまとめ!

   

2016年発表されるApple製品

2016年の幕が開けて、すでに3日が経過しています。4日からお仕事や学校が始まるという方も多いのではないでしょうか。

Apple製品のリリースラッシュだった2015年

昨年発売されたApple製品を思い返してみると、Apple Watchのリリースからはじまり、iPhone6s/6s plusは過去最高の売り上げを記録、その後はApple TVの大きなバージョンアップが行われゲーム業界との対立軸を明確にしました。同時にiPad Proも発表され、タブレット端末とノートPCの境目がだんだんとぼやけてきた印象があります。

ソフトウェアを見てみると、iOS9やOSX10.11 EI Captainなど、抜本的なUI変更を1年間で立て続けに行い、Appleの圧倒的な規模感にスタートアップに負けないスピード感が加わり、大きく飛躍した1年でした。

2016年にはどのような製品が発表されるのでしょうか?

このエントリーでは、これまでの情報や噂から2016年に発売されるであろうApple製品を時系列順に並べて解説します!

2016年に発売されるApple製品リストはこれだ!

ここ数年、AppleはiPhoneについてはバージョンアップサイクルを忠実に守っていますので、今年もおそらく順当に以下のスケジュールで発売が続いていくはずです。

Apple TVやApple Watchなど他の製品については読めないのですが、これまでの噂から予測すると以下のようになりそうです。

Appleのハードウェア製品

  • Apple Watch2(2016年前半?)
  • iPhone6c(2016年前半?)
  • iPad Air3(2016年半ば?)
  • MacBook Air(2016年半ば?)
  • MacBook Pro Retina(2016年半ば?)
  • MacBook(2016年半ば?)
  • iPhone7/7 plus(2016年秋)
  • MacBook(2016年末?)

Appleのソフトウェア製品

  • iOS10(2016年末)
  • OSX10.12(2016年末?)
  • WatchOS3(2016年はじめ?)

Apple Watchは大幅改善してまもなくリリースか?

AppleWatch2の発売

初代AppleWatchの苦戦が伝えられるAppleですが、第2世代Apple Watchの準備を着々と進めています。噂では2016年3月のリリースが濃厚です。初代Apple Watchの発売が2015年3月だったので、1年のアップデートサイクルということで筋が通っています。

これまでの噂では、Apple Watch2には初代Apple Watchに搭載されたいるセンサー類の他に、血液内の酸素を測定するセンサーや血圧計などフィットネス関連に特化したセンサーが多く搭載されるようです。

Apple Watchはフィットネス関連の需要に焦点を絞りつつ、進化を加速させる方針のようです。バッテリーの持ちがやや気になります。

iPhone7/iPhone7 plusはディスプレイサイズは変わらず薄型化

2016年の秋にiPhone7が発表されることが濃厚です。これまでもiPhoneは製品のリリースサイクルをしっかりと守っているので、大きな問題がなければ、秋に発表、その後iOS10がリリースされるという流れになりそうです。

これまでには出ている噂は以下です。

  • 防水
  • ディスプレイサイズは変わらず
  • バッテリー性能が13%向上
  • 薄型化
  • イヤホンジャック廃止

詳しい情報は以下のエントリーにまとめてありますので、ぜひご覧ください。

iPhone7に関する情報まとめ

iPhone6cで4インチディスプレイが復活?

iPhone6以降、ディスプレイの大型化が進んでいます。一方で、iPhone6のディスプレイサイズでは大きすぎるという声も多数あり、Appleにもこのような声がしっかりと届いているものと思われます。私自身もiPhone6の4.7インチディスプレイを片手で操作するのは難しいと感じています。

このような声に応える形で、4インチディスプレイ(iPhone5と同様のサイズ)のiPhone6cが2016年の早い段階でリリースされるのではないかという噂が断続的に出ています。

iPhone6cは4インチディスプレイを搭載か

iPad Air3が久々のバージョンアップか?

2010年に発売されてから1年おきにバージョンアップを繰り返しているiPad Air。本来ならば2015年の秋にiPad Air3が出るタイミングでしたが、2015年はiPad Airが発表されず、iPad ProとiPad mini4が発表されることになりました。

このまま消えていく運命にあるのかとおもいきや、iPad Air3が2016年半ばまでに登場するという情報がこのところ駆け巡っています。しかし、CPU性能の向上などがメインで、とくに大きな変更点はなさそうです。

MacBook Airの11インチが廃止?

2015年4月のRetina MacBookの発売から、MacBook Airが廃止されるのではないかとの噂が飛び交っていましたが、どうやらさらに存続するという説が濃厚なようです。現在の小型、薄型化したMacBookはMacBook Airと見た目も使用感も近く、お互いのすみ分けが難しい状況が続いています。

このところの噂では、13インチ、15インチモデルのみを残して11インチモデルが廃止という流れを主張する方が多いです。2016年半ばまでにこっそりと11インチが消えてしまうかもしれません。

個人的には思い入れのある機種ですので、少しさみしい気がします。

Retina MacBook Proは迷走中!

MacBookProは発表される?

2016年半ばまでの刷新を期待したいのはRetinaディスプレイモデルのMacBook Proです。インテルの最新CPUを搭載することが求められるMacBook Proだけに、インテルのCPU開発が遅れると、MacBook Proの発売時期もズレこむという悪循環にはまっていました。

2015年6月にようやく、インテルのBroadwellチップが公開されたことから、15インチMacBook Proのアップグレードが可能になりました。

次期Retinaディスプレイ版MacBook Proのリリースについては2つの説があります。

  • Broadwellを搭載したMacBook Pro:2016年半ばまでのリリースを目指し、Appleは新たな15インチMacBook Proの開発を進めている可能性
  • Broadwellをスキップして次期Skylake U-Seriesを搭載する:2016年半ばまでにインテルが発売する予定のSkylake U-SeriesというCPUまでMacBook Proのアップデートを待つ

Broad wellを搭載したMacBook Proを待っているプロユースの方は多いので、今年半ばまでBroadwell搭載MacBook Proが発売されないとなるともう1年待つことになります。

MacBookは2016年後半が濃厚!

MacBook Proではなく、通常のMacBookに使えるSkylake Core Mというチップはすでにインテルから発売されています。ということは、新しいMacBookはいつでも発売できる状態にあります。Core Mチップ自体は省電力で、従来のチップよりも10%から20%高速化しています。新しいMacBookは処理族度が早く、バッテリの持ちも10時間程度になる見込みです。

次期Apple Watchの発表イベントが2016年3月に見込まれていることを考えると、MacBookシリーズの刷新も同時に発表される可能性があります。

これは非常に楽しみですね!

その他ソフトなどのアップデート

ハードウェアの刷新の合わせて、OSXの新バージョン10.12が2016年終わりにはリリースされそうです。また、iPhoneなどの発売に合わせてiOS10もリリースされそうですが、まだiOS9がリリースされて間もないため、iOS10に関する情報はあまり出てきていません。

ソフトウェアで注目なのは、watchOS3です。現状のwatchOSは制約が多く、開発者が自由にソフトウェアを開発できない状態にあります。watchOS3では、多くの制約が解除され、より革新的なApple Watchアプリが登場することになりそうです。

iOSも同様で、初代iPhoneでは制約が多かったもののiPhone3Gの発表とともに自由な開発が可能になり、一気に普及しました。Apple Watchもアーリーアダプター層へのリーチは完了していると考えられ、次は一般の消費者に一気に拡大するフェーズに入っていくのでしょう。

さいごに

2016年もApple製品のリリースラッシュが続きそうです。期待して待ちましょう。@__jailbreakersでは、Apple製品の最新情報をより早くお届けしています。ぜひ、フォローしてみてください。




 - Appleニュース , , ,