Jailbreakers.Info

iPhoneのJailbreakに関する情報をお届けします。

HomePodのファームウェアから明らかになるiPhone8の画面解像度

      2017/08/02

Appleが発売予定の次世代スピーカー「HomePod」のファームウェアを解析することで、次期iPhoneであるiPhone8の仕様を試みが、このところ積極的に行われています。

先日も@__jailbreakersにてお伝えした、Steven Troughton-Smith氏による解析ですが、添付されている画像を見てみると、iPhone8の画面サイズや解像度についての情報も分かってきます。

HomePodの解析から分かるiPhone8の画面解像度

このツイートの画像を見ると、HomePodに含まれるデバイスの解像度に関する記述の中に、2436×1125ピクセルという記述が含まれます。2436×1125ピクセルはこれまでのiPhoneの解像度にはないので、iPhone8のものと予想されます。

iPhone7の5.5インチディスプレイは1920×1080なので、それよりも高解像度ということになります。

重要なのは、この比率だとiPhone8では、iPhone7のホームボタンのある部分もディスプレイになることになり、全面ディスプレイであることが分かる点です。

iPhone8の画面そのものの画像もファームウェアに含まれる

全面ガラスを採用したiPhone8の画像がHomePodのファームウェアから見つかる

先日すでにお伝えてしたように、HomePodのファームウェアには、iPhone8の外観と見られる画像そのものも格納されています。これを見る限り全面ディスプレイに見えます。

このように、縦に長い、解像度が大きなディスプレイを搭載することで、全面ディスプレイになることが、この画像からも予想できそうです。

iPhone8の全面ディスプレイ採用は確実か

この解像度については、2月の段階でKGIのレポートが以下の画像を掲載しており、今回Appleが公開したHomePodのファームウェアの解析により、この情報が正しいと裏付けられる結果となりました。

KGIレポートでのiPhone8の解像度画像




 - Appleニュース ,