Jailbreakers.Info

iPhoneのJailbreakに関する情報をお届けします。

iPad6(2018)、iPad Pro、iPad5(2018)を徹底比較!

   

iPad6(2018年モデル)が発表される

iPad(2018)とiPad(2017)とiPad Proの比較

シカゴで行われたイベントで、Appleが新たに発表したモデル「iPad6」。このエントリーでは、2017年モデルであるiPad5と10.5インチ版iPad Proとの性能(スペック)を比較します。

どのiPadを買ったら良いかわからない、という方はぜひこのエントリーでの比較を参考にしてみてください。

2018年モデルでは、2017年モデルに比べ性能が重要に向上していて、Apple Pencilも使えます。となると、iPad Proを買うか、2018年モデルを買うか迷うことになりそうです。

 

 

iPad6(2018年)、iPad5(2017年)、iPad Pro、スペックの違いは?

結論としては、この3つのiPadのラインナップではディスプレイ、チップ、カメラの性能に違いがあります。順にみていきましょう。

ディスプレイの違い

iPad(2018)とiPad(2017)とiPad Proのディスプレイサイズ

最初に考慮すべきは画面サイズです。もっとも新しい2018年版のiPadは9.7インチのRetinaディスプレイを搭載しています。これは、2017年3月に発売されたモデル「iPad5」も同様です。iPad Proでは、画面サイズが一回り大きくなり10.5インチのディスプレイとProMotionを搭載しています。

Promotionが搭載されていることにより、Apple Pencilでの書き心地がより滑らかになっています。また、iPad Proでは全面がラミネート加工されているため、溝がなくApple Pencilで文字を書いたりするには最適です。

チップの違い

チップの違い

続いて搭載されているチップについて確認していきましょう。チップはiPadの頭脳にあたる部分で、この性能によって処理速度が変わります。

2017年版の「iPad5」はA9チップというチップが搭載されています。従来のA8チップとは違い、A9チップにはグラフィックチップM9が埋め込まれており、画像処理などが高速に行えるようになりました。

2018年にはさらに進化し、A10が搭載されています。iPad Proにはさらに高速なA10Xチップが搭載され、高速な処理が可能になっています。

カメラの違い

カメラ性能の違い

カメラについてはどのモデルもソニー製の前面カメラ、背面カメラが搭載されています。

iPad Proでは4Kビデオの撮影が可能で、撮影画質も12MPまであがります。iPad Proは8MPですが、このあたりは目視では違いがわからないので、4Kビデオの撮影が必要かどうかが考慮のポイントになりそうです。

価格や対応アクセサリは?

性能が向上したとなれば、気になるのは2018年版iPadの価格です。

 

iPadの価格の違い

iPadの価格の違い

2018年のiPad6は32GBモデルで37,800円で、iPad Proは64GBモデルからのスタートで69,800円です。学割を使うと35,800円から購入することができます。2017年版からは価格据え置きなので、iPadを購入する際には2018年モデルであるか、しっかりと確認した方が良いでしょう。

また、使用可能なアクセサリに重要な変更があります。というのも、2018年版のiPad6では、これまでiPad Proでしか使うことのできなかったApple Pencilが利用可能になっています。iWorkのアップデートも発表され、Apple Pencilを使って文字や絵を書くといった使い道として良い選択肢となりそうです。2017年版のiPad5では、Apple Pencilを使うことができないので注意が必要です。

結局どのモデルが買いか?

ディスプレイサイズの違い

2018年版のiPadが登場したことで、2017年版のiPadは市場から順次姿を消していくことになりそうです。2018年版では、Apple Pencilが使えるようになっているので、2017年版は中古市場での値下がり予想されます。よって、Apple Pencilにこだわりがない方は中古市場でという選択肢もありかもしれません。

悩ましいのは、iPad6とiPad Proです。2018年バージョンでApple Pencilが使えるようになったという大きな変更と、価格据え置きによりiPad Proとの差が埋まっています。iPad6の128GBモデルはiPad Proの同容量のモデルよりも2万円安いですし、チップや全面ラミネートされたディスプレイへのこだわりがなければiPad6が良い選択肢に見えます。

いずれにせよ、近々AppleStoreや量販店での展示が始まるはずですので、一度手に取って比較してみるのが良いでしょう。

@__jailbreakersでは、AppleやiPhoneに関する楽しい話題をいち早くお届けしています。フォローすると、最新の話題を受け取ることができます。




 - Appleニュース