Jailbreakers.Info

iPhoneのJailbreakに関する情報をお届けします。

Twitter for Macが待望のバージョンアップ!

   

Twitter4.0 for Macリリース

Mac向けのTwitterがようやくバージョンアップし、最新のYosemiteなどにうまくマッチするデザインに刷新されました。機能的にも少しだけ改善していますが、メジャーアップデートにしては少し地味な機能改善が目立ちます。

新しいTwitterではテーマ選択が可能に

まず最初に目につくのはデザインの刷新。

サイドバーなどの色合いがYosemiteなどに合わせて、モダンな色合いに変わりました。これは好みが分かれそうですが、以前の黒背景のサイドバーも見やすくて良かったと思います。

テーマは以下のように変更することも出来ます。夜にTwitterを使い場合は右のような暗めのテーマを選ぶと目に優しそうです。

Twitterの機能改善

機能的な改善はマイナーアップデート中心

機能的な改善では、タイムライン内での動画再生が可能になっています。また、よくよく見てみるとアニメーションGIFの再生にも対応しているようで、動画再生関連の機能強化は今回のアップデートの目玉と言えるかもしれません。

ユーザ管理の機能では、ミュート機能が追加されています。タイムラインに流れるツイートを右クリックすると、「このユーザのツイートをミュート」が選べるようになっています。フォローを外すほどではないけど、ツイートは見たくないというケースはよくあるので、これは便利かもしれません。

リツイート関連では、コメント付きのRTがMac版アプリからも可能になっています。非公式RTはさらに減っていく流れになりそうです。この機能自体はWeb版やiPhone版でもすでに搭載されていて、Mac版のみアップデートがやたら遅いという状況でしたので、待望されていた機能かと思います。

ダイレクトメッセージでは、グループダイレクトメッセージ機能が追加されて、LINEのような使い方も出来るようになっています。これはLINEなどのメッセージアプリに対抗する意味で付けられたものかと思いますが、便利そうです。

まとめ

今回のアップデートでは以下の機能が追加・改善されました。

  • デザインの刷新
  • 暗めのテーマが選択可に
  • タイムライン内での動画再生機能の強化
  • ミュート機能
  • コメント付きRTが可能に

3.xから4.xへのメジャーアップデートにしては、機能改善が少々地味という印象を受けます。しかし、iPhone版/Web版のTwitterでできることが、Mac版でも可能になったというのは嬉しいアップデートかも知れません。

TwitterはAppleから幹部を引き抜いたりと、加熱するSNSサービス戦争での生き残りに必死です。日本以外でのアクティブユーザが減少傾向で厳しい状況ですが、機能改善のスピードを上げてどうにか勝ち抜いてほしいものです。

@__jailbreakersではiPhone関連の話題を中心に、最新の情報をより早くお届けしています。ぜひチェックしてみてください。




 - Appleニュース