Jailbreakers.Info

iPhoneのJailbreakに関する情報をお届けします。

iPhoneの見た目カスタマイズの定番!?ドックを透明にする方法【ClearDock】

   

iPhoneのホーム画面をカスタマイズ

2015年もiOS8.xの脱獄が可能になり、その後リリースされたiOS9.0.xもPanguによって脱獄可能になりました。iOS9.1がリリースされて以降はJailbreakができなくなっておりますが、TaiGやPanguなどの中国ハッカーチームが脱獄に取り組んでいるということで、今後が楽しみです。@__jailbreakersでは、最新の脱獄関連の情報をいち早くお届けしています。

2015年、たくさんの脱獄アプリがリリースされましたが、とくにForcyなどに代表される、3D TouchをiPhone6s/6s Plus以外のデバイスでも動作可能にさせるものが光り輝いていたように思えます。

2015年にリリースされた脱獄アプリの中でとくに良かったものは、以下のエントリーにまとめてあります。

2015年にリリースされた神脱獄アプリ15選

iPhoneのDock(トレイ)を透明にする「ClearDock」

さて、2016年最初の脱獄アプリ紹介は、iPhoneのDockを透明にする「ClearDock」の紹介です。

この脱獄アプリの動作は単純で、インストールすると、iPhoneのホーム画面下部にあるDockを透明にすることが出来ます。

特に設定画面などはなく、インストール後すぐにDockが透明になります。

「ClearDock」のインストール

この脱獄アプリはCydiaからダウンロードすることが出来ます。Cydiaの検索画面で「ClearDock」と入力すると以下のように表示され、すぐに見つかるでしょう。

iPhoneの画面

ちなみに、この脱獄アプリはiOS9以上のデバイス限定で、それ以下のデバイスではエラーが出るので注意が必要です。

「ClearDock」の動作

本来iPhoneのDockは以下のように、白い影のついた状態になっていますよね。

Ios9homescreen 3441115b jpg 620×387 ピクセル

もちろん、標準の影がついた状態でも良いのですが、「ClearDock」をインストールすると、以下のように白い影がなくなり、すっきりとした印象になります。

iPhoneのDockの影を消す

iOS9になり、以前のDockと比較すると白い部分が増えました。気になる方はあまりいないのではないかとは思うのですが、こういう細かいカスタマイズをしてこだわりを見せてみるのも良いかもしれません。

脱獄アプリ「ClearDock」の設定・アンインストール

この脱獄アプリはとくに設定などはなく、インストール後すぐにDockから影が消える仕様になっています。

アンインストールはCydiaのインストール済みアプリの一覧から「ClearDock」を選択することで可能です。

iPhoneのドックカスタマイズはSpringtomizerで十分かも

iPhoneの見た目をカスタマイズするためのアプリには、「Springtomizer3」というものがあります。「Springtomizer3」はかなり高機能なアプリで、設定も多岐にわたるのですが、ドックのカスタマイズもかなり柔軟に行なえます。

今回紹介したClearDockはDockを透明にするというシンプルな機能でしたが、Springtomizer3を使えば、そもそもドックを消してしまったり、ドック上のアイコンの大きさ変更、数の変更、形の変更まで自由自在に行うことが出来ます。

Springtomzier4は$3の有料アプリなので、ハードルが高いという場合には、今回紹介したClearDockを試して見るのもありかもしれません。個人的には見た目の変更をするためのアプリはSpringtomizerに集約してしまい、他の脱獄アプリはむやみやたらに入れないようにしています。

さいごに

ホーム画面のカスタマイズにおすすめのClearDockやSpringtomizer3の概要を紹介しました。脱獄すると、ホーム画面の他にも、ロック画面などの見た目を自由にカスタマイズすることが出来るようになります。

ロック画面のカスタマイズについては以下のエントリーにまとめてありますので、ぜひご覧ください。

ロック画面を徹底的にカスタマイズする厳選脱獄アプリ20本+α!




 - AppStore , ,