Jailbreakers.Info

iPhoneのJailbreakに関する情報をお届けします。

iPhone7 Plusでは256GBの大容量モデルが登場?

   

iPhone6sの在庫状況が落ち着いてきて、iPhone7に関する噂が続々と登場してきています。iPhone7に関する情報では、防水機能が搭載されるといった定番の情報からディスプレイサイズに関するものまで、いろいろな情報が台湾、中国の製造業者を名乗る人物からリークされています。

iPhone7に関するこれまでの噂

iPhone7の噂まとめ

iPhone7に関する最新の情報は@__jailbreakersでいち早くお届けしています。また、iPhone7の噂についての概要は以下のエントリーにまとめてありますので、ぜひご覧ください。

iPhone7の発売日・新機能に関するこれまでの噂

AppleWathc2に関する噂

2016年も幕を開け、国内・海外を含めiPhone関連ブログではiPhoneの新しい噂がぞくぞくと登場しています。残念ながら、発売までまだ1年くらいあるとのことで、信憑性の高い情報はなかなか出てきません。

256GBモデルがあらたに追加?

本日紹介するのはiPhoneのデータ容量とバッテリー容量についての話題です。

iPhoneの部品の製造企業から入手したとした情報として、MyDriversというサイトが伝えている情報によると、Appleは今年中にiPhone7とiPhone7 plusという2つのデバイスをリリースし、ディスプレイサイズはこれまでと変わらずにiPhone7が4.7インチ、iPhone7 plusが5.5インチでiPhone6/6 Plusと同様になるものの、いくつかの仕様が向上するとのことです。

特に性能が向上するのはiPhone6 Plusで、これまでの32GB/64GB/128GBモデルに加え、256GBモデルが新たに登場するようです。

バッテリの持ちが13%向上!

同じ情報源から入手した情報として、iPhone7ではバッテリ容量が350mAh向上して、バッテリの持ちが13%程度増えるようです。この容量は、現在iPhone6 plusで使われている2750mAhのバッテリよりも大きなもので、3100mAhほどの容量になる見込みです。

スマートフォンの機能革新が限界に近づいている?

スマートフォンの進化が限界に近づいている

これまでの情報を見て感じるのは、スマートフォンの進化がハードウェア的な面ではもう限界に近づいているのではないかという点です。

iPhone4からiPhone5ではディスプレイサイズの変更に加え、LTEという革新的な武器が登場しました。iPhone5からiPhone6でもディスプレイサイズの変更に加え、3D Touchという大きなハードウェアの機能改善がありました。LTEの登場と3D Touchを比較するのは無意味かもしれませんが、インパクトや利便性への影響はLTEの方が大きかった印象があります。

iPhone6からiPhone7に進化する際にはさらなる驚きが求められることになりますが、これまで出ているiPhone7の噂で革新的なものは防水機能くらいでしょうか。

今後はデザインの刷新に注目!

もっとも、iPhone7のデザインに関する情報は今のところほとんどリークされておらず、唯一「薄くなる」という漠然とした情報くらいでしょうか。iPhone6をこれ以上薄くするとすれば、イヤホンジャックが大きなボトルネックになっていますので、こちらも排除される方向になっていくのでしょう。

オーディオメーカー各社はLightningケーブルに対応したイヤホンの製造を進めているという情報もあり、イヤホンジャックを使う既存ユーザの利便性を損なわずにどのようにイヤホンジャックの排除を進めていくのかが、Appleの腕の見せ所とも言えそうです。

iPhone7での抜本的なデザイン革新がどのように行われるのかが、今後の注目ポイントかもしれません。

by カエレバ

まとめ

これまで出ているiPhone7の噂では、ディスプレイサイズが変わらずに薄型化するのは間違いなさそうです。その一方で、データ容量やバッテリ容量は向上するという情報が製造業者から続々とリークされています。

2016年のスマートフォンメーカーの戦いは、革新的な機能を追加する戦いというよりは、性能向上しつつ薄型化するという機能向上の戦いへのシフトしていきそうです。

@__jailbreakersでは今後もiPhone7に関する情報をフォローしていきます。




 - Cydiaアプリ