Jailbreakers.Info

iPhoneのJailbreakに関する情報をお届けします。

2017年中に「全面ガラス」のiPhoneがリリースか

   

20160417noled.jpg

Apple製品の分析で定評のあるKGIのレポートによると、2017年中にリリースされるiPhoneはデザインを刷新し、全面ガラスを採用する模様です。iPhone5以降、アルミ製のボディを採用し軽量化を図ってきたiPhoneシリーズですが、ガラスへ回帰すると見られています。また、ディスプレイは有機ELとなりサムスンが供給するようです。

このレポートによると、2017年にリリースされるデバイスで全面ガラスが採用されるとのことなので、iPhone7sで全面ガラスが登場するものと思われます。

次期iPhone7ではデザイン刷新なし?

とすると、気になるのは、次期iPhone7のデザインです。

これまでのiPhoneは、iPhone以降につく数字が大きくなるごとにデザインの刷新を繰り返してきました。iPhone3GSからiPhone4、iPhone4sからiPhone5と言った具合に、ディスプレイサイズを変更する大きな刷新が行われています。

2017年に発売されるのは、この流れでいけばiPhone7sです。iPhone7sでデザイン刷新が行われるとすれば、今年末に発売されるiPhone7は、デザインの大きな変更が無いかもしれません。

iPhone4s以来のガラスボディに期待!

全面ガラスを採用したiPhoneといえば、iPhone4sです。小ぶりながら、重厚感のあるiPhone4sは個人的にもお気に入りの機種でした。

全面ガラスにすると、iPhoneを落下させた時にガラスの破片が散らばるなど、危険な面があります。強化ガラスの製造自体は日本の旭硝子が担当しています。ぜひとも、旭硝子の技術力で落下しても割れにくいガラスボディを作って欲しいところです。

ディスプレイの供給でもやはりサムスン製有機ELが採用

ディスプレイは省電力の有機ELが採用され、供給メーカーはサムスンでほぼ決定しているようです。シャープのIGZOは今回も採用されず、iPhoneの組み立てや主要部品は日本以外のアジアメーカーの勝ちが目立ちます。

これからも、次期iPhoneの機能や、部品供給の情報が出てくるかと思います。引き続きウォッチしていきましょう。

@__jailbreakersでは新しいiPhoneに関する情報をいち早くお届けしています。

 




 - iPhoneニュース ,