Jailbreakers.Info

iPhoneのJailbreakに関する情報をお届けします。

GeoHot氏、ジェイルブレイクは辞めて自動運転車作ってた(衝撃)

      2016/04/16

GeoHotの経歴がスゴイ

GeoHotというニックネームでGeroge Hotz氏は、これまでにもiPhoneのJailbreakやSIMフリー化などで活躍している有名なハッカーです。プレイステーションのJailbreakから始まり、iOSの初期バージョンのころには精力的に活動していた彼も、2011年にFacebookにインターンしたころから、Jailbreak界隈には姿を現さなくなっていました。

GeoHotはここ数年何をしていた?

Jailbreak界隈が彼に注目しなくなってからも、カーネギーメロン大学で学生を続けながら、SpaceXという会社で新しいHDMIケーブルのデザインをしたり、Gooleでインターンをしたりとソフトウェア、ハードウェア両面にて幅広い才能を見せます。大学の卒業後はVicariousという会社で人工知能のアルゴリズム開発を行い、そこで培われた技術を元にcomma.aiという会社を創業しています。

Jailbreakコミュニティが知らぬ間に、彼はものすごい活躍をしていたようです。

GeoHot氏「自動運転車を1人で作った」

そして先日、Bloombergなどの海外メディアがこぞって報じたのは、GeoHot氏が自動運転を自作したというニュースです。

GeoHot氏、自動運転車を自作

GeoHot氏が自動運転システムを組み込んだのは、Acura ILXという車で、作業はすべて彼の自宅ガレージで行われたようです。

25インチディスプレイ、ディスプレイ近くにはディスプレイの操作用のジョイスティックやカメラなどが埋め込まれている車内は、さながら大手自動車会社の実験車のようです。

Geohot氏の自動運転車

GeoHotが自動運転車を作った理由

高度な技術が必要な自動運転車に彼が熱中している理由は何なのでしょうか?

彼はテスラ・モーターズの創業者イーロン・マスク氏に、高額のボーナスを提示され、テスラ・モーターズからのオファーを受けていたようです。しかし、高額のボーナスを断り、数週間でテスラ・モーターズの自動運転車を上回るものを作り上げたようです。

GeoHot氏いわく、「僕はイーロン・マスクの大ファンだけど、彼が僕を数ヶ月に渡って使いっ走りにはして欲しくなかった。この技術を(給料の)2倍の金額で買えるよ(笑)」とのことです。

この自動運転車はいくらで買える?

実際にGeoHot氏はcomma.aiという自動運転車の目にあたる「Mobileye」という技術を核とする会社を経営しており、運転支援システムをテスラ・モーターズなどに販売しています。GeoHot氏は1000ドルで今回の自動運転システムを販売しており、車と6台のカメラを別途購入すればすぐにでも自動運転車が実現できるスゴイモノだそうです。

以下はBloombergが公開したGeoHot氏の自動運転車ですが、たしかにスゴイ。

1000ドルで自家用車に自動運転システムを搭載できるすごい時代になりました。自動運転というと夢の技術に聞こえますが、想像以上に早く普及するのかもしれませんね!

追記(2016/04/16): 自動運転システムをアプリとして販売予定?

GeoHots氏の自動運転車

GetHot氏の創業した「Comma.ai」のブログが4月1日に更新され、以下の内容がアナウンスされています。

TeslaのModel3は非常に良く出来ていて、Teslaは自動運転車を開発するだろう。問題は、彼らが需要に答えられるだけ生産できるかという点だ。

需要に応えるためのもっとも簡単な方法は。。。
アプリとして公開することだ。

Comma.aiはアプリ開発企業へのPivot(方針転換)することにした。まもなく製品をアナウンスする予定だ。

自動運転車を作るためのアプリ+部品のセットを売るイメージでしょうか。部品はGeoHotsの創業したComma.ai以外にもサプライヤーがいるはずですから、アプリに専念するのかもしれません。

まもなく製品がアナウンスされるとのことで、進展が楽しみです。

@__jailbreakersでは、iPhoneやIT関連の話題をいち早くお届けしています。




 - iPhone脱獄の方法 ,